Googleの再検索、非同期で出来るようになったのね!

スポンサーリンク

ここから本文です

そういや、昨日、Google Analyticsの非同期の話が出たなぁ。。

実際、新しいJSを分析したわけじゃないけど、これまでみたいに一番下にタグを入れることで本当に最後まで表示されたページをカウントしているのかとかよくわかっていません。

さておき!

いつからなのか知らないですが、Googleの再検索(検索結果画面で、検索窓に違う文字を入れて検索しなおすこと)をすると、非同期で検索結果を持ってきて、リアルタイムで下の検索結果が変わるようになっていますね。

※なので、検索ボックスからにすると検索結果が真っ白になります。これちょっとびっくりした。

いつからかわからないし、今さらなのかもしれないけど、私はこのタイミングで気がついて、結構びっくりしたのでエントリするのです。

最近画像とかない。。ていうか、説明しにくい。。

「え?なんのこと?」って人は、Google検索してみたらいいんだ!

というか、いじっているうちにひとつ気がついたんだけど。。
検索結果が変わっても、URLが変わらないってことは、どんな検索フレーズでアクセスしてきたか、解析ツールで取れなくなるんじゃね?
という疑問。。

これに関しては、@F.Ko-Jiさんが、

検索結果クリックした瞬間にURLが切り替わるとかそんな処理がされてるはず。

とツイッターで教えてくれました。みてみたら本当にクリックした瞬間にURLが変わってるっ!!!

web解析上問題はなさそうですね。(ってか、問題あったら悲しいですもんGoogleさんっ)


[スポンサーリンク]

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK