Google タグマネージャでカスタムディメンションを設定する方法

スポンサーリンク

ここから本文です

Google アナリティクスのカスタムディメンションを設定しましょう。

カスタムディメンションとは

ディメンション=指標で、「ページ」「ページタイトル」「デバイス」など、Google アナリティクスの左メニューに出てくるものがディメンションになります。

ディメンションはこれ

詳しくはこちら

カスタム ディメンション / 指標
https://support.google.com/analytics/answer/2709828?hl=ja

Google アナリティクスでカスタムディメンションを設定する

Google アナリティクス設定→対象プロパティ→カスタム定義の下の「カスタムディメンション」を選択します。

「新しいカスタムディメンション」で取得したいディメンションを登録します。

カスタムディメンションを登録している画像
ここでは記事の執筆者を登録するので、「ヒット」を選択

カスタムディメンションは25個登録できます。必要なだけ登録します。

GTMを使うときは、ソースを控える必要はないです。
GTMを使うときは、ソースを控える必要はないです。

データレイヤーで情報を送ります

GTMにデータを送ります。記事を読み込んだときに、必要な情報を送ります。

記事ページで、タグマネージャのトラッキングコードの前に

を入れれば多分大丈夫なはずです。適宜直してください。
というのも、今使っているcolorsというテーマでは、直接ソースをカスタマイズしないといけないので、試していません。まぁ、こんな感じです。

GTMでデータを受取り、カスタムディメンションに設定します

変数を設定します。

  1. 「ユーザー定義変数」から「新規」を選択
  2. 種類は「データレイヤーの変数」を選択
  3. データレイヤーで送るときの変数名を設定
  4. 変数を保存
GTMで変数を設定する図
データレイヤーで送る変数名を指定する

上の例だと、執筆者が「author」カテゴリは「category」、公開日は「date」にします。

トリガーは不要です。タグの設定をします。

  1. タグメニューの「新規」を選択
  2. 既にGoogle アナリティクスを設定している場合は、そのタグを修正します。

  3. Google アナリティクスなど、わかりやすいタグ名をつける
  4. プロダクトはGoogle Analyticsを選択
  5. タグの種類は「ユニバーサル アナリティクス」を選択
  6. タグの設定でトラッキングIDを入力
  7. トラッキングタイプはページビューを選択
  8. その他の設定を開き、カスタムディメンションを設定
  9. インデックスは、Google アナリティクスのカスタムディメンション2列目のインデックス(数字)を入れる

    GAとGTMの数字を合わせる
    GAとGTMの数字を合わせる

    ディメンションの値は、ブロックアイコンから、変数を選択する

    ディメンションの値には、変数を指定
    ディメンションの値には、変数を指定

以上で、設定は完了です。ちょっと面倒だけどやってみると簡単だし、GTMの仕組みが理解できるかなと思います。

カスタムディメンションは、カスタムレポートで設定すると便利ですよ◎


[スポンサーリンク]

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK