日本のVR技術 最高峰が集結! VRクリエイティブアワード2016潜入レポート

スポンサーリンク

ここから本文です

潜入してないです。一般で3000円払って参加してきました^^

イベント、こちらのツイートで知りました。

Twitter、ウォッチ重要ですね。去年も開催されていたこと、知らなかったのです。でも、以前体験した、SAOのアルファテストをまた体験できるチャンス!!

VR ZONEとか、池袋サンシャインで体験できるVRは、高くても1回1000円くらい。1回3000円は・・・などと考える余裕もなく、申し込みしてました。どんだけ!!

6月4日、御茶ノ水のデジタルハリウッド大学 駿河台キャンパスで開催された「VRクリエイティブアワード2016」に参加してきました!

開場は12:00。11:30から並べるとアナウンスはあったのですが、SAOのアルファテストの応募数から、VRクリエイティブアワードに参加しても体験できない可能性もあると考え、10時過ぎに到着しました。会場に列がなかったので安心したのですが、受付で、11:30に来てください。と追い返されてしまいました。早すぎですね。ごめんなさい。

デジハリ大学が入っているビルの1階に、喫茶店プロントが入っていたので、時間まで待機しながら、会場に向かう人を眺めてました。上がっては降りてきてプロント・・私と同じ流れの人も何人かいましたw 混乱はなかったですよ。笑

11:20ごろ受付に。数人が待っていて、そこから並びはじめました。並んでいるときの写真。このあと動画にも出てくる外国人カメラマンがとってくれました♪ 日本人シャイなのに「いえーーい」って煽られてましたw

みて!!女子いない!!!

20160604 - 1159 - VR Consortium - Photo by Michael Holmes _web

ちなみに、私の前に並んでいた人も横に並んでいた人も、SAO目当てだそうです。横の方は、一般3000円が売り切れていたので、VRの会員になったそうです(1万円・・)VRの開発もされている方なのですが・・・すごいですね。

体験できるのは、1人4コンテンツまで!

VRクリエイティブアワード2016のファイナリスト作品は全部で7つ。受付でもらった資料によると、受付後、体験したいVRコンテンツで、「済」のハンコと引き替えに、デモ体験の整理券をもらえます。
一般参加者がもっている投票権は3つ。よかったコンテンツにシールを貼っていくのです。

投票済みです

私が引き替えたコンテンツは、SAO、SYMMETRY(シンメトリー)、Rez Infinite、HADO。

体験するコンテンツはこの4つ!

真っ先に取りに行ったのは、SAO。この日も、12人?? 14人? どちらか忘れてしまったのですが、デモができる体験者の数はダントツで少なかったようです。
Rez Infiniteも整理券の配布終了していたので、早めにもらっておいてよかったです^^
整理券配布終了
いろいろ質問したかったのですが、プレゼン中だったのか、仕組みとか詳しく聞けず残念。全身に振動がすごかったです。

整理券がもらえなかったものも、隙をみて、「Hyper medicine for augmented human」、「border」、「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」、「Metamorphosis Hand(えくす手)」、「SKY CIRCUS」も体験できました。さらに、PRできていた「高知家」ふくめ、10コンテンツを堪能しました。しばらくVRはいいです・・。笑

VR酔いしました

VR酔い? 3D酔い? 初体験でした。一番酔ったのは「高知家」です。><

VR酔いは、人によって条件が違うと思うのですが、私は、カメラの動きと視界があっていないときに酔いました。

「高知家」は、高知の魅力をPRするプロモーション動画なのですが、カメラのアングルが結構変わります。お食事処で呑んでいるシーンで、左隣に座っている人から、右隣に座っている人まで、カメラがなめるんですけど。。そのときに、頭を逆に動かすと酔います。
VRなのだから、カメラは動かさずに、どこを見るかは、ユーザーに委ねて欲しいです。

海が映ったときも、左から右にカメラが動くので、下手に頭動かして視点を変えると酔いました。途中でギブアップしそうなレベルでした><

VR酔い、なかなか直らず、以降、ちょっとしたことで酔ってました><

次に酔ったのは、「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」

これもアングルが勝手に動くタイプですね。きょろきょろせず、前を見ていると平気でした。でも、、それ、、、VRじゃなくて3Dや・・・

もちろんVR向けに作ってあるので、後ろ見たりもできるのですが・・
家で簡易的なVR見る装置とスマホで見たときは大丈夫だったんですけどね・・・すでに酔ってたので、酔いやすかったんだと思います。映像はキレイでした。

Rez Infiniteは、1箇所だけ。シーン替えで突然下に落ちるときがあるのですが、うっかり見上げてしまって・・ちょっとグッとなりました。
ベストコンディションなら、問題ないと思うんですけどね。酔いが直ってなかったので・・

スポーツ感覚で楽しいHADO

一般投票、ポニーキャニオン賞を受賞した「HADO」。VRではなく、ARでは? は置いといて(どっちでもいいんでしょうね^^;)普通に楽しかったです。勝てたし。

hitがわかりにくくて、勝っているのか負けてるのかわからないまま戦ってました☆接戦だったんですね。
HADOは、人の回転が早かったこともあり、後半は、「今すぐ体験できまーす」って呼び込みすごかったですね^^
もっと楽しくなりそうな気がします♪

翌日遊んだ、アーチェリーハントに近かったです(笑)
ヘッドセットつけてARで遊ぶのも面白いですね。ちょっと不思議な感覚でした^^

医療の世界でも活躍しているVR「Hyper medicine for augmented human」

VRではなく、血がリアルすぎて気持ち悪くなりました。。(ごめんなさい。血、苦手で・・)

グロテスク・・

体内に入り込んで見下ろせば膀胱・・不思議な世界でした。私にはよくわからなかったけど・・

建築の世界でも活躍しているVR「SYMMETRY(シンメトリー)」

街を設計するときに使えるVRコンテンツ。遊び系が多い中で、さきほどのも含め、別の分野で活用されているのも体験したくて選びました。

説明中

ゲームではないので使い方の説明がありました。山作ったり海作ったり、建物をおいたり等々。ある程度人数が集まったらまとめて説明。
説明に15分くらいかかるので(笑)体験時間は一人3分でした。

街作った

富士山を作ろうとしたのだけど、鋭利な山になってしまったので、ディズニーランドということにして、カリブの海を作ろうとしたんだけど、場所が逆で、シンデレラ城の代わりに日本のお城をたてて、橋を架けたらタイムアップでした。

楽しかったんですけど、これ、VRでやる必要なくね・・? と思ってしまいました。作るのは普通にPCで中に入るのにVRとかの方が効率的では? 笑

似たようなコンテンツで宇宙空間にらくがきができるものも、デモで展示されていたので遊んでみました。

dsc_4541.jpg

銀河鉄道999書きましたよ・・・わからなすぎて字を書いてしまいました。 空間に絵を描くの難しいですね。そう思うと、VRコンテンツ作っている皆さんすごいです。

全身で体験できるRez Infinite Synesthesia Suit

Rezは、2001年にあったシューティングゲームだそうで。

スーツを着ます。
dsc_0493.jpg

初PS VRだったのですが、スーツのインパクトがすごくて。PS VRの印象はあまり残ってないです。
体験中

スタッフの方に写真をたくさん撮ってもらいました。いろいろ聞きたかったのですが、説明してくれるスタッフの方がいなくて、聞けず残念。
振動が、うち太ももにきましたね。
上見たり。没入すごい

私、ゲーマーじゃないので、10分とたたずにゲームオーバーになっちゃいました。前から横から後ろから攻撃したり攻撃されたり。本当にあっという間でした。
スーツ買ったら高そうですが。。VRの可能性が広がりますね^^

2回目の挑戦!ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM

開発陣以外でアルファテスト2回やってるの私だけらしいです。ひゃっほーい。

さっそくですが、小川さんのプレゼンを見てみましょう。

すごいことやっていたんですねー^^(失礼!)

前回、ただひたすらうるさかったので、今回はおとなしく楽しみました。

前回より、私が見た映像がたくさん映っています。そのままUPしてもいいといわれたのですが、さすがに映り込みしすぎなので自主規制でモザイク入れてます^^; ついでに解説も入れてみました^^

私より、周りが賑やかです。

アルファテストと違い、全身スキャンがないのと、単独プレイでした。はじまりの街以降のストーリーはアルファテスト同様体験できましたよ^^

残念ならが、賞はもらえなかったんですけど。。。シーン替えや戦闘シーンでVR酔いしないこと、最後、現実世界に戻ってくると、ナーブギア(VRヘッドセット)外す前に現実世界が見えるとか・・細かいところでの工夫がすごいなって思いました。現実世界にちゃんと戻すって重要ですよね。

SAOを知っている人はより楽しめますが、それ以外でも、VRコンテンツとして見ても、すごいと思います。
ポリゴンぽさが残っていたり、ある程度制約があったりまだまだ改良できるところがありますが・・

楽しかったなー。続きやりたいなー。またやりたいなー。

他にもVR体験しました

印象に残っているのは、「Metamorphosis Hand(えくす手)」

ピアノを弾いていると、だんだん指が伸びて、次第に自分の指のように錯覚するというVR。なぜそのVRコンテンツを作ろうと思ったのかが気になって質問してみたのですが、さすがの東京大学大学院の方・・・なに言ってるかわかりませんでした(笑)

現役東大大学院の方とお話ししたの初めてです。頭いいひとっているんだなー(理解できなかっただけw)

dsc_0512.jpg

たしかに(笑)右手入れたら左手に認識されたのでさっと抜いて入れ直しましたw

ブランコも乗りました。SKY CIRCUSですね。
dsc_4533.jpg

オキュラスのジェットコースター、池袋版ですね^^SAOの動画の中でキャーキャー言ってたのこれかな?

会場のこと

コーヒーおいしかったです。ありがとうございました。
dsc_4520.jpg

レッドブルタワー
dsc_0489.jpg

ちょうど小腹が空いたときに、軽食。救われました^^
dsc_0488.jpg

このあと、NHKホールでaikoライブだったので、SAOだけ楽しんでさくっとかえろうと思っていたのですが、ギリギリまで満喫しました。

VRが家庭に普及するのは、PS VR発売の秋以降かなって思ってます。楽しみですね。

VRみすぎて、aikoさんのライブ、バックの映像がVRに見えました^^; ライブをVR体験したいです.できればリアルタイム配信して欲しいです。
ある意味、どこでもドアの完成ですよね☆☆ PS VRで!!是非!

電話番号を晒す司会者のインパクトが楽しかったです

メインステージ、デモに夢中であまり見られなかったのですが、開始早々司会者の方の携帯番号が晒されて面白かったですw
16-06-12-22-10-46-701_deco.jpg
2名くらいから電話かかってましたね。笑


[スポンサーリンク]

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK