マイクロソフトの「HoloLens(ホロレンズ)」で未来を感じた 体験レポート

スポンサーリンク

ここから本文です

アクセンチュアが株式の過半数を取得した、アイ・エム・ジェイ「すまのべ!」からお誘いをいただき、マイクロソフトの「HoloLens」を体験してきました。

すまのべ!は、アイ・エム・ジェイ2階のエントランスにあります。ガラス張りで3台のペッパー君、部屋中に最先端風のガジェットがたくさんありました。

入口の看板がかわいい

入口の看板がかわいい

マイクロソフトの「HoloLens」とは

VRヘッドマウントディスプレイ風

VRヘッドマウントディスプレイ風

https://www.microsoft.com/microsoft-hololens/en-us/hardware より

ヘッドマウントディスプレイに似ていますが、レンズが半透明で、視界を遮られることはありません。

マイクロソフトは、HoloLendsを「MR(Mixed Reality)」といっていますが、AR(拡張現実)でいいのでは? と思います。すまのべ!の方にも質問したのですが、一般的な答えとして、「ARは、マーカーがあってスマホなどでマーカーをかざすとオブジェクトが表示されるもの」、MRは「現実世界に影響をうけられる(壁から跳ね返るとか)もの」と説明いただきました。
AR三兄弟川田さんは、ARはマーカーは、「一般的にわかりやすく表現するため」に使っているだけで、現実世界に、現実にはないオブジェクトが重なればARだとおっしゃっていて、そう覚えていたので、MRは違和感ありありです。(川田さんはARをもっと広く捉えていたかなとおもいます^^ 目からビームだしたり、なんか。。ローソクに火をつけたり(?)してなかったでしたっけ? 笑)

ARのなかにMRがあるとか、諸説あるようですが・・・
参考:Reality–virtuality continuum

まぁ、MRでも、ARでもよくて。問題は、HoloLendsはなにができるのか、です。 (あと、川田さんは尊敬できるって意味でおかしな人)

実現しようとしている世界が何となくわかるマイクロソフトの動画をどうぞ。

HoloLendsは、単体にWindowsが搭載されているので、PCなどに繋ぐ必要がありません。視界を奪われるVRとは違い、不意にケーブルにぶつかることはないとはいえ、単体で動くのはすごいですよね。

HoloLends体験レポート

さっそく、HoloLendsを装着です。

目が見えます。ちょっと斜めなのは気にしない

目が見えます。ちょっと斜めなのは気にしない

アーム2つと鼻の3点で支えます。ちゃんと調整すれば快適らしいのですが、調整しきれずに、鼻への負担が大きかったです。
VRヘッドマウントディスプレイはどれも共通ですが、HoloLendsも重かったです。鼻にくっきり跡が残ってしまいました^^;

まずは、空中にあるオブジェクトを移動させて遊びました。

怪しげな帽子をかぶって怪しげな動きをする人をガン見するペッパー

怪しげな帽子をかぶって怪しげな動きをする人をガン見するペッパー

空中で指を動かしてクリックする動作(エアタップ)が慣れずに少し戸惑いました。
HoloLendsのおでこにある3DセンサーとRGBカメラで指の動きを感知しているんだそうです。おでこにキネクトがあるイメージ。✧(✪д✪)✧

なにもないところをみてる・・不思議そうにガン見するペッパー

なにもないところをみてる・・不思議そうにガン見するペッパー

とりあえず、すまのべ!のスタッフの方に雨を降らせたり、宇宙飛行士を食べさせてあそびました。

現実との融合だ!

現実との融合だ!

私が見ている景色をキャプチャしたい! と無理なお願いをすると、PCと接続して実現してくださいました。つきあっていただきありがとうございます。
ディスプレイの上に乗っているのもオブジェクトですね。よくみると、メニューが出ています。そこを指でクリックしたり、オブジェクトをドラックしたりして操作します。

慣れてきたら、シューティングゲームで遊びました。

スキャン中は壁を見て、壁までの距離や位置を把握します。スキャンが終わったらゲーム開始です。宇宙船の中から、宇宙人や巨大ムカデが出てくるので撃ちます。このときはリモコンを貸してもらいました。

壁が壊れたー!と叫ぶ人を哀れみのガン見をするペッパー

壁が壊れたー!と叫ぶ人を哀れみのガン見をするペッパー

敵に当たらずに壁に当たってしまうと、壁が壊れます。

操作性はまだまだ改善されると思います。視点の反応速度がちょっと遅いかなと思いました。(周りが暗かったせいかもしれませんが)
エアクリックは慣れが必要ですが、そこまで難しくなく、割と簡単にできました。

VRとちがって、視界が保たれるのは安心ではあります。VRヘッドマウントディスプレイかぶってしまうと、不測の事態に対応できない怖さがあります。

ただ、別世界に没入できるのはVRですよね。ARは・・なにに使えるんでしょうね。ARといえば、東のエデンですが、2017年春公開予定の
「劇場版 ソードアートオンライン -オーディナル・スケール-」もARですね。

公開、たのしみです^^

psycho-passも、洋服や部屋の内装を一瞬で変えるシーンがあったのですが、あれもARなのかなとおもっています。世界中の人が同じARレンズをつけていれば、できるのかもしれないですね(そうなのかな・・)

VRもARも、これからが楽しみです。

すまのべ!のみなさま、ありがとうございました!

https://www.imjp.co.jp/

20周年おめでとうございます。

HoloLendsの詳細はこちら

https://www.microsoft.com/microsoft-hololens/en-us

Hololendsの開発方法

開発方法はこちらが参考になりますよ。

VR超えた!? ミライ的すぎるMSのHoloLens、無料で開発可能って知ってた?

https://www.webprofessional.jp/2016/07/3907/

Hololends(ホロレンズ)のご購入はこちら


[スポンサーリンク]

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK