簡単に育つ野菜 スプラウトに挑戦☆

スポンサーリンク

ここから本文です

小松菜失敗したときのために(?)スプラウトに挑戦です。

前の家は、近くに大きな園芸やさんがあったので、種も苗も悩まなかったのですが。。池袋あたりで種を買うには、東急ハンズがいいらしいです。西武池袋店の屋上には、チューリップをはじめ花の種しかありませんでした。欲しいのは野菜。食べられる種です。

西武池袋の屋上いいですね。緑の中で昼食とか素敵です。都会のオアシスですね✧ฺ・。

ハンズ、楽しいですよね。目当ての種(小松菜)の隣にあったスプラウトを購入してしまいました。

育成用のビンを買ったよ
育成用のビンを買ったよ

購入はこちら

パッケージを外して開封。

ビンと網と閉じる部品
ビンと網と閉じる部品
種と詳しい説明書
種と詳しい説明書

そうなのです。種が2種類入っているのです!

2回楽しい!
2回楽しい!

夏場は難しいようです。

夏場は育てるのが大変
夏場は育てるのが大変

スプライトの育て方

パッケージに育て方が書かれています。

育て方
育て方

種を洗って放置するだけ。しかも暗所。日光も不要。どれだけ簡単なのでしょう・・

詳しい育て方はこちらの動画が参考になります。

開封後、さっそく作ろうと思ったのですが、同封の説明書に煮沸消毒してとありました。

煮沸消毒が必要です☆
煮沸消毒が必要です☆

後半は詳しい育て方。

水をよく切ること。種の皮は捨てること!
水をよく切ること。種の皮は捨てること!

初日は煮沸消毒をして終了。

スプラウト育成初日

2つある種のうち、

こっちを育てます
こっちを育てます

ブロッコリースプラウトを育てることにしました。

朝から種を軽く洗って水に浸します。

ひたひたー
ひたひたー

夜見てみると、少しだけですが発芽しました。

早くも発芽☆
早くも発芽☆

この後水を切って逆さまにして育ててます。

スプラウトの思い出

白くて小さなもやし「スプラウト」。オーストラリアにワーホリ留学中、お世話になりました。たくさん入ってて安いので、ホットサンド作るときに必ず入れてました。
当時のオーストラリアはパンがすごく安くて、日本で買う6枚入りとかではなく、その4?5倍くらいで売られていました。
シェアハウスにホットサンドメーカーがあったので、マーガリンとハムとスプラウトを入れてさくっと作ってお弁当に。

スプラウト、栄養もあるみたいですね。知らないうちに摂取していたようです。安くて栄養価も高いなんて素敵です。

日本では。。。種、高い方だと思いますが・・(私がケチなだけ)小松菜は150円で、スプラウトは350円くらいでした。

とりあえず、付属の2つ育ててみて、よさげなら、たくさん購入するのもいいかな。そういう意味では代表的な2種類が入っているセットはお得かも。

頑張って育てます╭(๑•̀ㅂ•́)و

購入はこちら

スプラウトの2種類の育て方

私は、洗って水を切って放置する方法で育てていますが、栽培ブログやアマゾンを見るともう一つの方法があるようです。

こちらを使うのですが、種を上のお皿に置いて、下のお皿には水を入れます。根っこが下のお皿に伸びて、上のお皿で育つ葉っぱを頂くようです。

使う種は変わらないようなので、何が違うんだろう? と疑問に思っています。詳しい人に聞けばすぐに解決するんだろうな。今度ハンズにいったら聞いてみようかな。


[スポンサーリンク]

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK