Google アナリティクス データのインポート 設定と活用(実験中)

スポンサーリンク

ここから本文です

存在は知っていましたが、使ったことがなかった「データのインポート」。苦手意識を払拭(ふっしょく)すべく、使い道も含めテストしました。

インポートするデータ

複数の店舗を運営しているジムの会員管理をしているサイト。会員はどの店舗を利用してもいい。

会員ごと、「利用日・利用店名・体重」をインポートする。

  • 店舗に行く会員はどのくらいの頻度でサイトに来ているのか知りたい(体重は関係ない)
  • サイトを使っているユーザーが店舗に来ているのか確認したい(体重は関係ない)

体重は関係ないけど入れてみよう。テストだし。

データのインポートをざっくり説明

外部データをGoogle アナリティクスにひも付けて分析する機能です。

インポートできるデータは、

データセットのタイプ 解説 キー
払い戻しデータ ECサイトや課金サイトなどで払い戻しのデータをGoogle アナリティクスで取得できないときに便利。拡張eコマース必須。 トランザクションID
ユーザーデータ 性別、契約更新月などユーザー情報 ユーザーID、カスタムディメンションで範囲をユーザーに指定したディメンション
キャンペーンデータ 参照元、メディアなどの流入元データ キャンペーンコード
地域データ 独自で地域情報を管理したいときに便利 ISOコード、亜大陸コード、市区町村ID、地域ID
コンテンツデータ 記事、著者、カテゴリ、公開日などの記事に紐付くデータ ページ、カスタムディメンションで範囲をヒットに指定したディメンション
商品データ ブランド、カテゴリなど商品のメタデータ。拡張eコマースを設定すれば不要かな? 商品の SKU
カスタムデータ デフォルトのデータでは扱えないデータ 割と何でもあり
費用データ Google以外のキャンペーンの費用データ 参照元、メディア

となっています。

どのデータセットを使うか

ユーザーに紐付くデータですが、ユーザーレベルを扱うので、インポートできるデータはディメンションのみで、情報が上書きされるはずです。
今回はカスタムデータを使います。

カスタムディメンションの作成

インポートする場所を作ります。

カスタムディメンション名 範囲
計測日 ヒット
ジム名 ヒット
uid ヒット
カスタム指標名 範囲
体重 ヒット
迷走してuid(ユーザー)も作ってしまいました
迷走してuid(ユーザー)も作ってしまいました

データセットを設定

データのインポートから「新しいデータ セット」を設定します。
データセットのタイプは、「カスタム データ」を選択します。データセット作成後にはタイプの変更はできないので慎重に決めましょう。

データインポートは削除できない
データインポートは削除できない

いったん作ると削除できないようです。名前の変更で差別化するしかなさそうです。

データセットの詳細を設定します。

名前と適応するビューを選びます。ここでは、会員のみなのでuidを有効にしているビューを選択しました。

データセットとスキーマを決めます。
キーはuid(カスタムディメンションで指定。範囲はヒット)、インポートしたデータは「ジム名」、「計測日」、「体重」を入れます。体重はカスタム指標です。

ダミーのファイルを作成

スキーマを取得します。

CSVのヘッダーとExcelテンプレートのダウンロードができる
CSVのヘッダーとExcelテンプレートのダウンロードができる

2016年10月5日時点で、エラーが発生し、Excelのダウンロードはできませんでした。

ss-2016-10-05-20-15-35

エクセルで100件ほどのダミーデータを作ってCSVで保存します。

ランダム関数使い倒し
ランダム関数使い倒し

データをインポート

データのインポート(アップロード)は、手動と自動がありますが、ここは手動で入れます。

ファイルをドロップしてもダメでした。ファイルを選択します。
ファイルをドロップしてもダメでした。ファイルを選択します。

アップロードしますよ。

緊張の一瞬
緊張の一瞬

エラーが出ました。

UTF-8でエンコードしろと。。。
少し待つと、エラーがでました

UTF-8にしろと。

理由も親切に教えてくれます。安心。
理由も親切に教えてくれます。安心。

テキストエディタでエンコードして再アップロード

成功しました
成功しました

ちなみに、インポートしたデータはこれ

インポートしたデータの確認

インポートしたデータを確認するために、カスタムレポートを作成しました。

カスタムディメンションとカスタム指標で作られたカスタムレポート
カスタムディメンションとカスタム指標で作られたカスタムレポート

まてどまてど、データが入らないので、uid 「aaa」でページにアクセスしてみました(データを送ってみました)。

なんかでたっ!!
なんかでたっ!!

キーにしていしているuid(dimension2)には、タグマネージャでもデータを送っているので、アクセスがあったタイミングでインポートデータが反映されるようです。
・・・・・・!!体重、もしかして合算されてる???

aaaさんは、10回ジムに行き、計測した体重の合計は607kgになるはずなので、合算でもなさそう。果たしてこの数字は何?

合わない・・・・
合わない・・・・

aaaで何回かアクセス(4回らしい)しつつ、bbbでもアクセスしてみました。

増えた
増えた(`・⊝・´)

aaaの体重が増えたということは、データの反映が間に合ってなかったということなのでしょうか?
ディメンションは、データの一番最後「計測日:10月6日」「ジム:がんばるジム」が反映されているので、入っていたはずでは?

日付を足してみたところさらに迷宮に迷い込みました。

セッション0ってなんだ。。?
セッション0ってなんだ。。?

どこかの設定が間違っていそうな雰囲気ですね。なんだろう・・

ジム名や計測日は、インポートした一番最後(一番下)のみになるようです。指標は合算されるのかな。

もう少し細かいデータをインポートしてみないと詳しい仕様がつかめない気がします。

あと、マイページにアクセスしたタイミングでデータをインポートするように変えたいと思います。

データをインポートした後は「スキーマ」の編集ができないので、いったんインポートしたデータを外します。

外してみるのもテストのうち☆
外してみるのもテストのうち☆

削除中から削除完了へ

データけしてやったぜー!
データけしてやったぜー!

カスタムレポートをチェックしました。

データが消えてない
データが消えてない

データは消えていません。「まだ」消えないのか、入れたデータは「消えない」のかわからないので、しばらく待ってみます。

その間に、mypage.htmlを作りました。今度は、mypage.htmlにアクセスしたときにデータを入れる仕様でインポートします。データ消えなかったらどうしようかな・・。

削除したデータは消えません

一度インポートしたデータは、データを消してもGA上は残ります。

インポートしたデータは消えない
インポートしたデータは消えない

データ削除後、uid「ddd」でアクセスしたのですが体重データの記録はありませんでした。なるほど。

続きます。。。☆


[スポンサーリンク]

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK