【レビュー】ARROWS Z ISW13F 脅威のページ先読み機能

7月7日、au名古屋に遊びにいってきました。ARROWS Z ISW13Fのレビュー続けていきますよ★
ISW13F 端末が配られたよ

最後質問の時間にこっそり質問せずにいられない、見逃せない機能が「先読みブラウジング」機能なのです。

デフォルトのブラウザについている機能で、それをオンにしているときは、見ているページの一つ先までそれぞれのリンクをたどって収集するという機能です。

ISW13F 先読みブラウザ
当日の資料。

正直すばらしい昨日だと思うんです。
※ただ、現時点だと充電の減りが速いとか、都内にいれば電車に乗るとき以外は圏外になる事あまりないと思うので常時onにしておく事はお勧めしないらしいですが^^


ここからはアナリストとして書いちゃったりしますよ。

機能を聞いた時に、真っ先に思うのは「先読みブラウジングでブラウジングするのはどこまで?」という事。
確認したところ、

  • テキスト
  • 画像
  • CSS
  • JavaScript

など、全部をブラウジングするんだそうです。

つまり、1ページ見ただけでそのページのリンク先全てに設置されている解析用のトラッキングコードをも読んでしまうのです。

そうなるとどうなるか

富士通ARROWSの先読みブラウザを検証する

7月7日の16時台(イベント中)の端末名がnot setもの。まだ端末名が出てこなかったです。Google Analyticsの端末名って、UserAgantから引っ張ってきてるんじゃないのかなぁ?まぁいいや。

ちなみに、17時台は下のような感じ。

富士通ARROWSの先読みブラウザを検証する

これが普通。つまり、イベント中ARROWS Z ISW13Fの先読みブラウジングをonにしてこのサイトをみたら、その先のページまで読みにいくからものすごいページビュー数が上がっております。

この場合、ナビゲーションサマリはどうなるかと言いますと
富士通ARROWSの先読みブラウザを検証する

ナビゲーションサマリではページビュー数が6になってしまいました。
この機能搭載しているのが今のところ富士通端末だけなので、そこまで影響はないように思いますが、ユーザーが閲覧していないページもログにあがってきてしまうので、今後他の端末もこの機能を搭載した場合(便利な機能だと思うのでその可能性もあるかなって)先読みブラウジング時はログを送らないようにするとかも必要かなと思ったり。

今のところはこういうケースがあると認識して、データが異常時は、先読みブラウジングの可能性があると説明できるようにしておけばいいかなと。

色々書いたけど、便利な機能だと思います。これ。あとは、充電の減りが気にならなければ常時onにして便利に使えそうだなと思います^^

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK