#バズリズム LIVE 2018 DAY2 レポート #ポルノグラフィティ

スポンサーリンク

ここから本文です

お〜いお茶、ゆずフレッシュライブとか、一度公開して修正中に非公開にして下書きに入っているWorld blockchain fesのマライヤとか、書きたいライブレポートは溜まっているのだけど、これ先に書きたいです。書きます。

バズリズムライブ 2018 2日目参戦しました

2018年11月4日。横浜アリーナ。開場15時/開演16時。
参加することが決まってから、KKBOXやyoutubeで聞いたものの、正直聞き込んではない状態で参加しました。

WANIMAやLiSA、平井堅さんと、聞いたことのあるアーティストさんも多かったドリフェスが恋しくなるくらいのアウェイでした。

出演者の情報をざっくり書きます。

オープニングアクト
SUNNY CAR WASH
2016年10月に結成。2017年11月8日に初の全国流通盤「週末を待ちくたびれて」をリリース。1997年生まれ。デビュー2年目。

04 Limited Sazabys
2008年名古屋にて結成の4ピースロックバンド。2015年4月1st フルアルバム『CAVU』をリリースしメジャー進出。1988年生まれの30歳。デビュー4年目。

My Hair is Bad
2013年2月にミニアルバム『昨日になりたくて』でデビュー。1991年生まれ。26〜7歳。デビュー6年目。

BiSH
2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。デビュー4年目。

UNISON SQUARE GARDEN
2008年7月メジャーデビュー。1985年生まれ。デビュー10年目。

ポルノグラフィティ
1999年9月8日にメジャーデビュー。デビュー19年目。

わぁぁ。SUNNY CAR WASHはアポロが出た時2歳♡。

バズリズムLIVEの出演が発表されたのは、しまなみロマポル後のしまなみテレビ(ポルノグラフィティの生放送番組)でした。

ポルノのお二人も、
「みんな若い子だよね。大丈夫なの? わしら出て」
「フレッシュな皆さんとわしらをつなぐ人いないの?」
と反応されていましたが、遊びに行くこちらも同じ気持ちです。

正直、ポルノ以外全員平成生まれかと思っていましたが、そこまで離れてはいないですね。でも、一回り以上違うんです。

横浜アリーナに着くと、ポルノのグッズを纏っている人もいたので一安心したものの、17列目(2ブロック目)のほぼ真ん中の席には、ポルノファンだと思われる人が少ない……。

「座席があるライブ初めてー」との声が聞こえたので、ライフハウス主体の人もいた模様。

それなりに、無理のない範囲で、若作りして参加したのですが、目が合った瞬間土下座したくなるきめ細やかな肌をしたティーズたちに囲まれるのですよ。

同世代と思われる人は子供の付き添いで「My Hair is Bad」のタオルを肩にかけてるわけで。どうか、ポルノまで楽しんでください。と思うのです。

気になる出演順

ほぼ開演時間に到着したのに、外にポルノファンの人ちらほらいるくらい(外にいる人の比率ではポルノファンめっちゃ多かったし)ポルノがトリだと思っている人多かったと思うけど、前日は、トリと予想されたマンウィズさんがトップバッターだったこともあり、終始気が抜けませんでした。

ライブスタート

オープニングアクトのSUNNY CAR WASHは、若い子にもこういう音楽する人いるんだと思うトンがったパフォーマンスでした。生まれたてのエレカシというか。変に気兼ねしないで突っ走って欲しいです。

声援が多かったのは、My Hair is Bad

私の席基準ですが、開演時に出演者がモニターに映った時、一番歓声が大きかったのは「My Hair is Bad」でした。次が「UNISON SQUARE GARDEN」。Bishはちょっと声色の違う声援がとんでて、ポルノ、04 Limited Sazabysという感じでした。

まじかってくらいアウェイでした。

04 Limited Sazabys

ものすごいわかりやすい音楽で、全曲乗せてくれたので楽しかったです。そんなに弾ける予定がなくても楽しんでしまいますね。

「今日はすごいメンバーで……」とバンドの名前を挙げて「そして、ぽぽぽぽポルノグラフィティですよ。とんでもないですよ」っていってくれたのは、04 Limited Sazabysでしたっけ?

ありがとうございます(?)。

楽しかったです^^。

My Hair is Bad

私の周りでは人気ナンバーワン。セットが組たときに「早すぎる><」との声も聞かれました。
「最後がポルノでその前ユニゾンじゃん。ん〜〜〜><」とのうなり声も。

えと、ありがとうございます(?)。

歌詞が聞き取りやすかったので、聞いてたのだけど、残念ながらまったく共感できませんでした。笑。ゴメンナサイ……。

お前の元カレだとか言われてもだし、今の彼氏は似合ってないとか言われてもでした。人生の中で共感できるタイミングあったかなぁ。多分ない。そう思ったことが多分ない。

何もない日常がいい的な歌詞もあったと思うんだけど、私は、日々にサプライズを仕込んでくれる人が好きです。笑。

わかりやすい歌を心がけてると話していたと思うのですが、分かりやすすぎの印象です。

「あなたが望むなら、この身など差し出していい。降り注ぐ火の粉の盾になろう。
ただそこに一握り残った僕の想いを すくい上げて心の隅に置いて」とか、

「海の底で物言わぬ貝になりたい」とか、マイヘアファンの方に伝わるかなぁ。

「ポルノグラフィティまで楽しんでください!」とポルノがトリだとバラしていただいたのはありがたかったです^^。

あと、年収が倍になったそうで。ちょっと「付き合お?」と思いました。

BiSH

ガランとしたステージ。BiSHは、KKBOXでちょっとだけ聞いてたので馴染みのある曲が多かったです。パフォーマンスは初めて見ました。

分かりやすい振りで、1曲目は合わせて踊りましたが、あとはリズム刻むくらいで見てました。楽しそうなオーディエンスを。

アイドルグループになるのかな? ちゃんと歌ってて好感もてます。

UNISON SQUARE GARDEN

爽やか。キラキラしていて、アミュフェスなら「君に届け」歌い出しそうです。あっという間に終わってしまったと感じたのはMCがなかったからかな。

ドラムがかなりツボでした。手グセとかリズムとか。ほぼドラム見てました。動きの激しいベースさんもたまに見てて、ボーカルさんはほぼ見てなかったんだけど、たまにスクリーン見ると、目が隠れそうな前髪なのに、とても楽しそうに笑いながら歌ってるのが分かりました。

ベースさんの動きはどんどん激しくなって、ドラムも隙あらばスティック回して、最後はベースさん逆立ちして弾くし(足まで伸びて美しい!)、ドラムは洋服を頭にかぶって顔が見えない状態で演奏してました。なんて楽しそうなんだろう。

もっと聞いていたいバンドでした。

ポルノグラフィティ

ようやく登場になるのですが、バズリズムライブ、転換が長くて、お手洗いに行って帰ってこられるくらいの時間はありました。

それもあって、席を立つ人が続出。不思議なのは、荷物を持って、上着を着始めていること。おやおや?。

左隣の女性が「すみません。帰るんで」と席を立ち、右の男子3人組も「(最後までいたら)電車混むかなぁ」「ファミレス寄る?」と話を始めてました。

顔を上げて後ろや左右を見ると、座席の青が目立ち始めていました。

わかるよ。私だって10代の頃は、the OYSTARSだけみて帰ることもあったから。終電とかね、友達と話したいとか、いろいろね。

前の方は流石に帰る人は少なかったけど、空席もあり、My Hair is Badタオルの親子もいなくなってました。
荷物もなく、帰ってくることもありませんでした。

思わずこんなつぶやきを書いてしまうくらい。

祈るように投稿しながら、思わず「みんな帰らないで。ポルノ、きっと楽しいから……」と声が漏れてしまいました。

右隣の男子3名が残ってくれました。なんかごめん。楽しんでくれてたら幸いです。

バカリズムさんとMCの女性が登場して、「うおーーーーー」「にゃーーーーー」と謎のコールアンドレスポンスをしてポルノグラフィティスタートです。

オー!リバル

幻想的とも禍々しいとも思えるSEに、ゾンビくるか? と期待が高まるなか始まったのは、哀愁漂うギター。

この曲は、しまなみテレビの公開収録で聞いた印象が強くて、元々好きだけど一層好きになった曲。だがしかし。合わせるはずの手拍子が起こらない。笑。ポルノファンはどこだ?

アリーナで見てた友達曰く、前の方が静かで後ろの方は盛り上がっていたそうなのです。ポルノ、発表遅かったし、後ろの席が多かったのかな。

何かの曲で前の方を煽ってましたね。岡野さん。珍しいなって思いました。

サウダージ

歳を重ねてまた好きになった曲。今回はキーボードがただすけさんでベースが石村さんだったのだけど、石村さんがハルイチさんの後ろにいたので、右側が混み合ってました。

あと、マスケさんのドラムが今日も素敵でした。長くサポートされているのですが、前回のツアーでより一層絡み合うというか馴染むというか、溶け込むというか、多分全部違くて、言語化って難しいな。

ROLL

うん。でも、知らない曲なのかなんなのか、アウェイ感は否めませんでした。
イントロなしの歌スタート。この曲こんな爽やかだった? と思いました。

そいや、出演した他のバンドの誰かが「愛してるとはいわない」と歌っていたなぁ。めっちゃはっきり言ってるなぁ。これも世代かな(?)とか。

でも、愛しているから愛しているって言うとはちょっと違うのだよ。
大切な人の心に不安とか悲しみがある事に気ついたんだよ。恐れていた事なのに。
それでも、包み愛し続けるんだよ。尖った金平糖を溶かすみたいな歌だよね。なんだその感想。

MC

バズリズムLIVEに出演できた理由を自分たちなりに分析した結果、「初回ゲストだったから」、でもなんで初回ゲストに呼んでもらったのかを考えたら、「2回目ゲストが福山さんで、あの強敵と戦う前に慣れるためのプリ初回放送だったんじゃないか」と話されていましたが、福山さん=強敵 ってイメージさえもないんじゃないかと思うくらい反応が薄くて。私の周り。

「フレッシュな皆さんのなか、こんなジジイがいてごめんね。44歳になりまして」
「棺桶から出てきたみたいだもん。線香臭かったらごめん」
「熟したジジイ感を楽しんでもらえたら嬉しいです。よし!がんばろ!!」

棺桶のくだりは、次の曲につなげるための振りだったのかな? ドリフェスでも「熟している」発言していたけど、若い子は笑っていいのかどうしていいかわかんなくなるみたいだから、この辺のMC、20周年推しでいいと思うんです。

だってさ、自虐しても、あるいは本当に思っているのかもしれないけれど、ことステージでは、そんなこと微塵も思っていないでしょ。

Zombies are standing out

ジジイ発言から「ここではね、僕らの最新曲を聞いていただこうと」あたりから覚えてないです。イントロまで。いや、MCでVギターを持ったので、おお!と思ったっていうか、スタッフレポートでやるって書いてあったからわかっていたけど。

だって、嬉しかったんだもん。聞きたかったんだもん。ポルノを「バンドだっけ?」と言っちゃう若い子たちに聞いて欲しかったんだもん。

こんなこと言ったらダメなのかもだけど、このタイミングで新曲がゾンビでよかった。ブレスもキンクイもカメレオンも好きだけど、ゾンビでよかった。

初披露とは思えない完成度で。

イントロでかっこいいと叫び、「ザ」で手のひらを掲げながらも召されました。後ろの方は手を前後にしてたとか聞いたのだけど、音に任せて好きに楽しんでました。全員がその楽しみ方をしたらステージから見たら本当にゾンビがうごめいているように見えるでしょう。

ののののの のエコーで脳になんらかの損傷を受けましたよ。仕方ない。

カラッカラのドラムと、艶やかな水のようなギター、そして、肩をはだけながら歌うボーカリスト。エロすぎる。

12/7のバズリズムでこの日の様子が流れるので是非見てください。カットしたらスタッフ呪う。

昭仁さんが水吹いたのってゾンビだっけ。だとしたら浴びたい(?)。基本浴びたくないんですけどね。肌が乾くから。

陶酔しながら呼吸を整えていたら、それを赦さないこのイントロが!

一気にボルテージを上げたところで、ダカダカダカダカ★と不思議なドラムが重なって「?」となると、ハルイチさんも「?」な顔して振り返り、そのまま進めようとする演奏を止めてました。いや、一度は続けようと試みたけど止めました。

うん。そのまま続けるのは無理だ。

ラック

「一番やっちゃいけないことだ。ドヤ顔で間違えるとか。でも何もなかったようにやり直すのがジジイなんだ(?)」

と仕切り直すも、ハルイチさん「え? っと、なんだっけ? ラックか」と混乱したまま演奏始めてました。笑

歌詞間違いを許してくれるハルイチさんに、岡野さん厳し目です。ま、曲止めないからね。テンションも落とさないし。

心がthe DAYになっちゃったので、せっかくのラックなのにふわふわしてました。ラーメンの気分なのにオムライス出された感じ。いやー。あそこまで派手に間違えるのは珍しいと思います。当たり前か。

the DAY

「あんなことがあったのに、楽しんでくれてありがとう。あんなことがあったのに」
しつこい岡野さんに「そっとしておいて」とハルイチさん。あはは。

「今日を忘れない日にしよう。the DAY!」

かっこよく始めたのに、ニヤニヤしちゃうハルイチさん。煽りまくる岡野さん。the DAY好きだなー。

イントロからウェイウェイ弾けました。周りは乗り方がわからない分、強引に引っ張れるから楽しいですね。手拍子なんかさせねーよ★

前ツアーと同じアレンジで、ギターとボーカルのバトルあり。あれ好きだー。

ハネウマライダー

「最後の曲です」 時点でタオルを掲げる人。
「思いっきりタオルを回して帰ってくダサーーーーーイ!!ハネウマ ライダーーーーーー」

まぁそうだよね。基本サビしか回さないんだけど、ずっと回し続けるから、岡野さんも割と回し続けてましたね。

しまなみロマポル、ドリフェスと、サビを最後に繰り返していたのだけど、あれは無くなったようです。🙋‍♀️

最後、タオルを掲げた時、昭仁さんポルノグラフィティの文字が逆でしたがご愛嬌で。

始まる前、バカリズムさんが「クタクタになるまで楽しんでジリ貧で帰ってください」というから、実践したのに、休んでたらすぐに追い出されるのひどい(笑)

これ、『16th ライヴサーキット“UNFADED”』でラックなかったら、来られなかった人の暴動が起こりそうで怖い。

本日の様子は、11/7、バズリズムで放送されます。楽屋訪問とかもあるそうなのでライブ自体は少ないかな。

12/23 20:00から、CS日テレでノーカット放送があるそうなので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

あーーーー。12/7にゾンビも放送してほしいなぁ……。


[スポンサーリンク]

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK