mac book proを買取サービスで引き取ってもらいました

かつて、このブログの人気記事だった

mac book Pro(2011) SSDを交換しました

mac book pro、SSDとHDDに交換しました

この辺の記事に登場する「mac book pro 2011」。かれこれ何年か使っていなくて、新しく使っていたmac book air 2013の「台」になっていました(適度な厚みでカバーをつけていたため傾斜もありちょうどよかったのです)。カスタマイズ済みなので、買取してもらえないと思っていました。

そろそろ、新しいmacが欲しいなと思って、Appleの整備品を眺めていたのですが、2017モデルでも13万くらい。そこまで必要でもない思ったのですが、現物を見たくて、池袋のビックカメラパソコン館に行きました。

気に入ったのは、mac book air 2018 ゴールド。ゴールド綺麗かわいい。完全な一目惚れです。

最近のmac事情がわからないので、2018と2019の違いとか色々教えてもらいました。相対的に考えても、2018がいい!と思いました。相談ついでに、使っていないmac book pro 2011を下取りしてもらえないか聞いたところ、下取りはしていないけど、地下のソフマップで買取をしていると教えてもらいました。

素直にカスタマイズしている旨伝えたのですが、大丈夫とのこと。まじか!

mac book pro 2011買取に向けた準備

帰宅して久々にmac book pro 2011を起動しました。ちゃんと動き、安心しました。

捨てていると思っていた箱もとってありました。

カスタマイズの件、もう一度確認したくて、ビックカメラに電話して、ソフマップの担当の方につないでいただきました。質問内容は以下です。

  • mac book pro 2011の買取はしてもらえるか←「OK。上限は21000円でそこから査定して引いていく」
  • カスタマイズしてるけど買取してもらえるか←「OK」
  • マルチディスクは外付けで使っているが外した状態でも買い取ってもらえるか←「OK」
  • 電源ケーブルはコンバータつけて2013で使っているのでなくても買い取ってもらえるか←「OK」
  • カスタマイズは戻した方が値段が上がるのか←「戻した方がいい」

さらに、眠っていたWindowsマシン(ASUS T100TAだったかな)も買い取ってもらえるか聞きました。型番を伝えると、買取OKで上限は3000円とのこと。初期化できて箱と付属品があれば、3000円で引き取れると思うと言われました。

早速、1日かけてmac book pro 2011を出荷状態に戻します。このとき本当にありがたかったのが過去の自分の記事です。

こんなパーツがついてたとか覚えてないです。そして、このパーツがドライバー(ネジを締める道具)の中に入っていました。私偉い!です。

このネジ3箇所も言われないと思い出せなかったです。このネジは本体についていたので外して、ディスクを取り付けるために使いました。

自分で買ったSSDを外して、HDDを元の場所に戻して初期化です。その前に、HDDを完全に消去することも忘れずに。

パーテーションが200GBと300GBに別れていたのは多分私がやったんだろうけど、元からかもしれないのでそのままにしました。

メモリも購入時点についていた2GB、丁寧に保存してあったのですが、なんとなくカスタマイズしたままにしました。土曜日はこの作業で潰れてしまいました。

査定のため池袋へ

mac book pro、Windowsタブレット両方持って池袋へ。最近は郵送で査定してくれるところもあるけど、やっぱり直接お願いしたいのです。そして、重いなか持ってきたのだから、あいみつを取ることに。

ビックカメラパソコン館の向かいにアウトレットのお店があったので、商品を見つつ査定をお願いしました。こちらは、macの取り扱いがないとのことで、Windowsタブレットのみ。箱に書かれた型番をパソコンに入力しただけで中身の確認はしていません。

  • macの買取不可。メモリを変えているのを戻すのは、3000円くらいで対応する(自分でできるから不要ですが)
  • Windowsタブレットの上限は900円。そこから査定で値引きされる

ソフマップに3000円で引き取ってもらえるだろうと言われているので、お断りして、macはヤマダ電機で買取可能と言われたので移動しました。

ヤマダ電機の買取カウンターに声をかけると、すぐに査定スタートです。正直に裏を開けてカスタマイズして使っていたこと、メモリを交換済みのことを伝えました。

査定は20分くらいで終わりました。

  • mac book pro 2011の査定額は5400円
  • 電源ケーブルがない場合は買取できない
  • メモリ交換していることはマイナスになるぽかった
  • Windowsタブレットは2700円
  • ヤマダ電機で買い物をすると(PCを買うと?)10% UPのクーポンをもらえる。レシートについてくる

最後に、本命のソフマップに行きました。ビックカメラの地下で、郵便局や大きな携帯ショップのように、番号を発行して待機します。到着した時は座る場所がないくらい人がいたのですが、2〜3人できていた人が多かっただけのようで、25分くらいで受付になりました。その間に申込書を記入します。

壁に時計が2個あって、今の時間と査定完了の時間がわかります。現像が出来上がる時間を示しているカメラ屋さんみたいです。査定完了まで3時間ほどかかるようでした。

事前に電話をしていた旨を伝えたこともよかったのか、受付はスムーズでした。パソコンを渡して、状態を説明、身分証を確認して5分ほどで終了しました。

査定が終わるとSMSで通知が届きました。

査定結果は以下の通りでした。

  • mac book pro は28000円!
  • Windowsタブレットは3000円
  • メモリを増加しているのも、プラス査定にしてくれました
  • mac book proの電源ケーブル無しの場合は最低価格の2000円になる

もともとついていたメモリは、買い取れないとのことで返却になりました。つまり、もともとのメモリだったら査定額が低かったのかもしれません。購入したメモリの空き箱に入れていたので大丈夫なのに、ちゃんとプチプチに包んで返却してくれました。

電話で聞いた時は、上限21000円とのことだったので、超えるとは思ってなくてすごく嬉しかったです。

なにより、

「両方とも、とても綺麗に使われているので、上限で買取可能です」

が本当に嬉しかったです。そうなの。特にmacは長らく私をサポートしてくれた有能なPCなのです。カバーをつけていたからだと思うのですが、綺麗に使っていたと言われれば嬉しいです。後半は台にしてましたが。

ギターを買い取ってもらった時もそうだったけど「大切に使った」ことを評価してくれることがどれほど幸せか。

mac book air 2018を買って帰ったのですが、今度も大切に使おうと思いました。有難うございます。私はビックカメラが大好きです。ネットではアマゾンヨドバシがおおいけど、ビック、大好きです!

ちなみに、2019/12/31までキャンペーン中で、買取価格をビックカメラのポイントでもらうことで10%増額してもらえます。ビックではお酒とか日用品も買うので、ポイントでもらいました。3000円くらい増えました^^

郵送での査定も可能とのこと。ラクウルというサービスがあるので見てみてください。

個人的には、対面がいいですけどね。心の問題かもしれませんが。

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
コメント0

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK