ポルノグラフィティのヒット曲で彩られた20周年ライブ 神セトリの2DAYS

「ポルノグラフィティ 20TH ANNIVERSARY SPECIAL LIVE NIPPON ROMANCE PORNO 19 神VS神」が2019年9月7日、8日の二日間、東京ドームにて開催されました。

ポルノグラフィティにとって、東京ドーム公演は10年前の「東京ロマンスポルノ’09 ~愛と青春の日々~」以来2回目。2DAYSは初めてです。

このライブが発表されたのは、前ツアー「UNFADED」横浜アリーナ公演初日でした。

2日間のセットリストが変わること、ポルノグラフィティのヒット曲、全部演奏されることが同時に発表されました。

ポルノグラフィティのライブにはいくつか種類があって、「LIVE サーキット」はアルバム主体でホールからアリーナクラスを周り、「ロマンスポルノ」は何が飛び出すかわからない選曲でスタジアムにて開催されます。

今回は「NIPPON ロマンスポルノ」ですが、「ヒット曲推し」です。20周年の締めくくり、みんなの知っている曲で盛り上がろう! という趣旨でした。そうだと思っています。

晴天に恵まれた東京ドームには、フラッグが掲げられお祭りムードが溢れています。

最終日は大型台風「ファクサイ」が関東に向かっているということで、ライブ前は晴れていましたが、新幹線が止まることが決まっていたため、途中で席を離れる人も見かけました。天候とはいえ悔しかったです。

二日目の開演前の空。この日はホテルでランチしました。美味しかった。

入り口で座席がわかるシステム。東京ドームに入ると、池袋パルコで開催中「ポルノ展」のイラストメッセージがすごいスピートで表示されていました。友達のイラストは見つけられたけど自分のは見つけられず。きっと表示されていたはず!

時間が近づくと、ナビゲーションキャラクターによる客いじり。両日とも売り子さんからビールを1杯ずつ購入(800円)。最終日はランチで飲み物いただきすぎたのでやめようかと思ったのですが、想定外のアリーナで、買わないわけにもいかないですよね。

会場内が温まったところで、特攻の爆発、ファンファーレが鳴り響き、サポートメンバーがステージに登場。

照明は落ちたのだと思うけど、天井から差し込む光が明るくて、真っ暗にはなりません。

20TH ANNIVERSARY SPECIAL LIVE NIPPON ROMANCE PORNO 19 神VS神 セットリスト

▽DAY1セットリスト

  1. プッシュプレイ
  2. メリッサ
  3. THE DAY
    –メドレー–
  4.   ミュージック・アワー
  5. マシンガントーク
  6. ヴォイス
  7. ミュージック・アワー
    –メドレーここまで–
  8. アポロ
  9. グラヴィティ
  10. Twilight,トワイライト
  11. 74ers
  12. 見つめている(1コーラス)
  13. n.t.
  14. Hey Mama
  15. 俺たちのセレブレーション
  16. ジレンマ
  17. 愛が呼ぶほうへ
  18. ラック
  19. キング&クイーン
  20. Mugen
  21. ネオメロドラマティック
  22. ハネウマライダー
  23. アゲハ蝶
  24. VS
    【アンコール】
  25. オー!リバル
  26. Century Lovers
  27. ライラ

▽DAY2セットリスト

  1. プッシュプレイ
  2. Mugen
  3. THE DAY
    【MC】
    –メドレー–
  4. ミュージック・アワー
  5. マシンガントーク
  6. ヴォイス
  7. ミュージック・アワー
    –メドレーここまで–
    【MC】
  8. アポロ
  9. n.t.
  10. Twilight,トワイライト
  11. 74ers
  12. 瞳の奥をのぞかせて
  13. ウェンディの薄い文字
  14. リンク
  15. サウダージ
  16. ブレス
  17. 愛が呼ぶほうへ
  18. Zombies are standing out
  19. サボテン
  20. ヒトリノ夜
  21. 瞬く星の下で
  22. ハネウマライダー
  23. アゲハ蝶
  24. VS
    【アンコール】
  25. オー!リバル
  26. Century Lovers
  27. ライラ

曲順で感想を

もっと綺麗にまとめようと思ったのですが、無理そうなので覚えていること、感じたことを全部書きます。

座席ですが、初日は2階スタンド2列目真ん中より左手、最終日はアリーナ33列真ん中より左手でした。どちらの席も素晴らしく、むしろ、後ろと前、両方を体験できてよかったです。座席に関してはこちらの記事にまとめたのでよろしければ。

1)プッシュプレイ

スタートは歓声の中、アカペラで。

狂喜する声が満ち溢れてた 立ち向かうように、髪を振り乱し(アーーーーアーーーー:コーラス)
「その拳築き上げろ」と唄う あのロッカー まだ戦ってっかな?

わぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 東京ドーム2DAYS、大成功おめでとうございました!!!(早)

初日は、2階席から、その歌詞通り、狂喜する声が湧き上がってきて鳥肌。最終日は、昨日と違ってセンターステージに登場で驚きました。多分昨日終わってから決めたんだろうなと思いました。最後締めるところも、センターステージからメインステージのサポートメンバーと息を合わせてて微笑ましかったです。

最新曲「VS」には「あの少年よ こっちも戦ってんだよ」とあり、プッシュプレイとつながっているとわかりました。わかっていました。だったらセトリに入ってくるってわかるはずでした。。

ハルイチさんはラジオで「プッシュプレイを作った時はここに繋がると思ってなかったけど、いい感じに繋がった」的におっしゃっていましたがそうでしょうね。

眼下に拳を突き上げる6万人弱をみたときも、ポルノのお二人の向こうに見えた6万人弱のオーディエンスも熱と圧がすごかったです。

私は気がつかなかったのですが、キー上がっていたのですか?

2)メリッサ/MUGEN

ヒット曲全部演奏するとのことだったので、メジャーな曲がくるとは思ってたから、メリッサは「わーい」くらいでした。ロングトーンは相変わらず見事で、ただでさえテンション上がってんのに、そんなもんかお前ら!と煽られて、問答無用でギアを入れさせられます。

問題は最終日のMUGENです。イントロでわかったのですが、初日は22曲目(私の数え方で)と後半だったので、ココ? と思ったと同時に、もーう、わからない。最終日のセトリ、もう完全にわからない。と思いました。

3)THE DAY

僕のヒーローアカデミア初期主題歌。10月から4期? 始まりますね。楽しみ。

「近年で代表曲と呼べる歌ができてよかった」とおっしゃっていて、そういう立ち位置なんだと思いました。先日のロッキンでも披露していて、休む暇ないほど煽りまくってましたが、東京ドームはそこまでではなかったですね。まぁ、ギア入ってるので勝手にヘイヘイ盛り上がりました。まだ3曲目ですし。好きな歌なので両日聴けて嬉しかったです。

MCでは
昭仁さん「ペース配分しない」
ハルイチさん「あんたらすごいよ、みんなの声が大きすぎて、いつもは「昭仁のボーカル下げてギターあげて」とか指示を出すんだけど…」
昭仁さん「なんでボーカル下げるんじゃ(ど)」
ハルイチさん「(笑)みんなの声が大きすぎて、モニターのバランスが決まらない。今日は、ボーカル下げて、みんなの声あげてw」
そんな感じでした。

4〜8)メドレー

本間さんが招き入れられました。上から見てたのにグラピに気がつかなかったです。。ステージ遠かった!というか、上から見るオーディエンスの迫力がすごくて、ステージ見えないことも重なりちゃんと見てなかったです。

本間さんが入ったステージはふわっとやさしい雰囲気になって、ステージ上の誰もが安心して楽しんでるように見えました。

この後の本間さんとのMCは長かったですね。特に初日。本間さんがプロデュースしていた頃のお話が中心だったのですが、レコーディング6時間ぶっとうしだったとか、アポロレコーディングしたのが2000年だっけ?とか、FCUW8の時とか(現時点でFCUWは5までしかやってません)デビューしたときも華だけはあった→何がなかったんですか?→いや、衣装が。針金入りのマフラーとかしてたじゃん、とか。それは昭仁さんしかしてなかったらしいですが、西川さんより早く風を浴びてたとか、やっちまった曲の話では、ハルイチさんは「タネウマライダー」「NANANAサマーガール」贅沢に曲を作った割にに何も伝えてない、昭仁さんは、ノンタイアップでリリースした「音のない森」をあげてました。

今日何人入ってるのかの話で、「48000人くらい?」「え?53000とか言ってなかった?」「いや、57000って……」
本間さん「ま、じゃぁ、6万弱ってことで(笑)。あ、みなさん、僕明日も出るので、僕がきたってのは内緒でね。でも、SNSには『6万弱』って書いて」。

みごと「6万人弱」だけネタバレが溢れて笑いました。6万弱+6万弱、2日間で約10万なのです(公式発表)。

他にも、6万人弱で何かしたいと、バースデーソングを収録(?)したり、ウェーブしたりしました。「ウエーブスタート!!」ってノリではなく、「じゃ、こっちからやってみようか、はい、うえ〜〜〜〜いぃ」ってGDGDスタート。

話が終わるくらいのタイミングで、本間さんが「あ、みなさん座ってください。っていうの忘れてた。もう終わるから、もう立っていてね」とか。

とにかく長かったです。楽しかったですが。

最終日は、本間さんが「二人から、離れるって言われた時、まぁそうか、いいかなって思ったんだけど、家に帰ったらちょっと泣いた」と告白がありしんみりしました。

9)アポロ

2日目は、台風が来ていたこともあり、ハルイチさんがギターでイントロを引いて煽ってくれてたのが面白かったです。次行きますよーってw

こちらも初めは、ピアノ、ボーカルだけのシンプルなアレンジで、後半盛り上っていきます。銀テープもここでした。

10)グラヴィティ、n.t.

グラヴィティのやさしい歌声、n.t.は初日は昭仁さんに弾き語りだったので、一瞬同じ歌だと思いませんでした。まだ聴きたい曲いっぱいあるんだから、何もアレンジ違いで入れなくてもいいじゃんと思うんだけど、それにもきっと理由があるのでしょう。

バンドなのに、「風が舞う空にその身を投げることができますか?」あたり、ボーカルだけになって余計に魅入ってしまいました。

グラヴィティの映像綺麗だったな。喫茶ポルノのテイクアウトで再現している人もいてすごいなと思いました。

https://twitter.com/lovin9_rabbit/status/1172393160619655168

この方とか。綺麗だった。音も。全て。

11)Twilight,トワイライト

後で書きますが、セトリビンゴ作ってたんです。ライブ前に。サブスクで全曲聴きながら、今、トワイライト歌ってくれたら綺麗だろうな、映えるだろうなと思って組み込んでいたので、イントロで本当にびっくりしました。

そして、照明も演出も音も、綺麗でした。早く映像で見たいです。 UNFADEDの海月もですが、重力を失う演出すきです。そういう意味ではグラヴィティってぴったりですね。トワイライトですが。

切ない歌声に寄り添うように絡みつくギターとバンドサウンドがこんなにも優しく心に響く不思議。

12)74ers

無重力空間のインスト。トワイライトからのつなぎが気持ちよかったです。拍手などさせない。まだこの世界から戻させない。

インストと書いたけど、ギターが歌ってます。シンプルな音(に聞こえた)なのに深く青い。

13、14)昭仁さんソロ:見つめている/n.t./瞳の奥をのぞかせて

ああ、曲の番号がが狂いました。でも、見つめているは入れないとですね。

小鳥の鳴き声が聞こえたら、昭仁さんのソロになるのは、ダイキャスツアーからでしたっけ? 台湾ではなかったです。小鳥のさえずりはあったかと思うのですが。

初日は2階席2列目だったこともあり座って見てました。初日、センターステージに移動した後、楽しくなっちゃったのか、UNFADEDツアーの弾き語りコーナーで少し弾いた「見つめている」をワンコーラスだけ。笑いました。

「もうみんな、小鳥がさえずったらソロコーナーってわかってるんだねー」と寂しげでしたが、マイクスタンドも改良してて、ドリンクが置けるようになった!とかお話ししてました。

n.t.だったんですけど。UNFADEDで幕張だったかなー。手拍子が起こってしまい、一旦止めて手拍子やめてっていうことがあったのです。東京ドーム。普通に距離があります。2階席に届いている声は、ちょっと前の音です。

東京ドームで弾き語り。大丈夫かな、と心配になりました。n.t.も油断すれば手拍子が起こってもおかしくない曲だと思うんです。でも、少しもなかったです。そして、反響も不思議に思うくらい少なくて、本当にびっくりしました。

ライブ終わってからも、なぜこの曲で手拍子が起こらなかったのかってずっと言ってました。岡野さん、弾き語りの裏テーマは「手拍子させない」だったんじゃないかなと思う迫力でした。そして、その思いは6万人弱に届いたんじゃないかなと。

最終日の「瞳の奥をのぞかせて」は、曲の途中でバイオリニストのNAOTOさんが、登場。私の場所からサブステージは後ろ姿を見る形になるのですが、初めはシルエットしか見えなくて、それでもすぐ、NAOTOさんだってわかりました。

すごい歓声でした。ミーハーな「キャーーーーー>w<」ってのではなく、湧き上がる「わぁぁぁぁぁぁ><」って歓声でした。

しばらく歓声が鳴り止まなくて、NAOTOさんが、ぽんぽんぽんと弦を弾くとまた歓声が。そのあと、フレーズをバイオリンで奏でたらまた歓声。ああああ・・・・神降臨。

Hey Mama、ウェンディの薄い文字

続きまして、ハルイチさんのコーナーになるのですが、かっこいいギターソロかと思いきや、ハルイチさんボーカル2曲を。あの、瞳の奥の後のウェンディ。ドーム2DAYS、随所に振り幅激しいところはありましたがここが最強かと思ってますw。

Hey Mamaは、わざわざ日本語詞をつけていたので、2日間やるのかなと思ったらウェンディ!!!まじっすかw

そして、こちらは鳴り響く手拍子ww。客席のコールアンドレスポンス、ちょっと嬉しそうでしたね。びっくりしちゃって記憶がないので、WOWOWで早く確認したいです(カットされないといいな)。

渦/リンク

ファイヤーホーンズの皆さんのかっこいいセッションから流れ込むような渦。昭仁さんのシャウト(?)蠢く歓声。

総勢12人のNAOTOストリングスのみなさんの豪華で華麗で切ない演奏からのリンク!歓声後の昭仁さんシャウト(?)。

神と神がガチンコで激突してます。渦、ほんとみなさん好きですよね。轟きますよね歓声が。

UNFADED初日でもそうだったんですけど、初めてのライブはなんの曲が来るかわからないから、全曲歓声が上がります。入ってないと思いますが、円盤化されるならその辺も本当は入れて欲しいです。歓声をですね。好きなので。

合わせた指先から かすか僕に届く甘い鼓動 / 光にかざした手を強く握って離さないで

対比? っていうか、光にかざした手ってどうやって掴むんだろう。いつもながら難しい歌詞ですね。

俺たちのセレブレーション/サウダージ

ここからは管楽器か弦楽器が映える選曲にもなっています。俺セレは2番の謎の歌詞以外は好きです。2階から落ちそうになりながら踊りました。管楽器の俺セレも楽しかったですし、弦楽器のサウダージも妖艶でございました。

サウダージ入る前、昭仁さんが何か話したら、ハルイチさんが「違わない?」みたいになって、「俺間違えた?」と、下のセトリをガン見。「あってるじゃないか!あの、情熱って意味の曲!」 客「??」 ア「あ、哀愁だ」
このあとハルイチさんが昭仁さんを指差して笑ってましたけど、そもそも、ハルイチさんは何に引っかかってたんでしょ?

ジレンマ/ブレス

ジレンマ、初日だけだったんですよ。びっくりですよね。脳内で、管楽器といえば「痛い立ち位置」聞きたいとかあったと思うんですよ。

ジレンマて!! と思ったし、最終日のブレスはさらにびっくりしました。しかも、ブレスのイントロ、ストリングスがめっちゃあうしかっこいいんですよ。鳥肌立ちました。イントロや、随所随時でぴょんぴょん跳ねるのが好きです。

ブレスは、#雨など降らぬ ポンチョを着て、しまなみで聞いたの思い出します。最後、6万人弱の合唱も気持ちよかったです。

愛が呼ぶほうへ

ここ数年、ポルノグラフィティのライブに行くようになって、愛が呼ぶほうへは、本当に大切にされている曲の一つですよね。「みなさんに育てられた曲」とおっしゃってましたが、私は多分その道筋を知りません。ちょっと寂しく思うくらい痛いファンです。

イントロは、ホーンorストリングスだったのですが、夕暮れを思い出す初日と砂浜で水平線を眺めるような最終日。歌い初めはボーカルと、NAOTOさんの「ぽんぽんぽん」って弦を弾く音だけ。ごめんなさい。ここは、最終日の勝ちー!

でもでも、ボーカルに寄り添いながら花を添えるホーンセクションもとても素敵でした。どっちも好き。やっぱり引き分けー!

私、まだにわかファンのときは「My name is LOVE」の歌って呼んでました。ポルノで好きな歌は「My name is LOVE」のって(笑)。

ラック/ゾンビ

なにこのエロエロ対決・・・。ラックさ、去年のドリフェス? バズリズムライブ? で「あぁ〜いぶを(愛撫)」って歌い方がドエロくて、エロソングに認定したわけですが、今回もずっしりロックでドエロ素敵でした。

最終日は
ア「18年にリリースして、ポルノの新しい扉を開いたんじゃないかと」
私「ん?ゾンビ?ゾンビ?」
ア「みなさんに屍になってもらおうかと!!」
私「ゾンビウェェェェゥイェェエエイイイイイイ!!!!」

まぁ、私もですが、みなさんほんとゾンビ好きですよねw。今回は映像も目がモチーフでなんかかっこよかったし、歌い終わった後は、セットに赤い血筋が通っててかっこよかったんですけど、あれって、人間になれたってことですかね?

ごめん、最終日の勝ちー!

ゾンビになっていたので、早く映像見たいです。ここもストリングスいたんですよね。記憶にないんですけど。絶対エロいじゃん。そんなの。

初日、ゾンビなしでもめっちゃ満足してて、ゾンビやってないじゃん!!って夜びっくりしたのは覚えています。

キング&クイーン/サボテン

ラックからのキンクイ。ゾンビからのサボテン。

初日は照明がぱーーーーっと変わって、強引に隠から陽に引っ張り出されたような気がしたの。

最終日は、ゾンビかっこいい!!って余韻から、海月でも歌うのかって浮遊感の中の、え?どこに行くの?こんな雨の中??ってギャップに戸惑いました。心がついてこなくてなにも反応できませんでした。サボテンに反応するところはないけど。

ゾンビは難しいですよね。UNFADEDの時は、小鳥の鳴き声→岡野さんソロに繋いだけど、難しいですよね。新しい扉開けちゃったから。

9/24追記

昨日のcafein11でリミックス前(宅ミックスのみ)の「サボテン」がオンエアされました。私は上記の感想しか残っていなかった自分をグーで殴りたくなりました。そのくらいの衝撃でした。

あの、アレンジのサボテンを生で聞いておきながらなんだその薄っぺらい感想は。浮遊感とか意味がわからない。そんなものではないだろう?! ラジオから聞こえるサボテンは、繊細で軽やかで美しかった。

ラジオ、ながら聞きしていたのに、脳も耳も勝手に音に集中して、集中したがって、私のいうことを聞かなかった。改めてセトリを見ると、ゾンビの次だったんですね。サボテン。だから余計に記憶がなかったのでしょう。なんてもったいない。

このライブはまだ終わってない、このあとWOWOWで放送予定の10/27 day1、11/3 day2、そしてクリスマスに発売予定のコンプリートボックスをみて、ようやく20周年イヤーが終わるんだと思いました。

早く見たい。そして聞きたい。この記事の後半に、音が良かったと書いているが、やっぱり悪かったよ。東京ドーム。ラジオで聞いたサボテンほどクリアには聞こえなかったもん。

MUGEN/ヒトリノ夜

MUGENがここに入ったのはホーンセクションと一緒に演奏したいからでしょう。MUGENのMVごっこしていたらしいですよ。

ホーン隊が絡みつく感じで。岡野さんが洋服脱げなくてバタバタしていた最終日は確かここw。最終日、アリーナにいて手拍子が迫ってきて怖くなったのもこの辺。すごいぜ6万弱。

ネオメロドラマティック/瞬く星の下で

最終日、瞬くのイントロ流れた時はびっくりしました。しまなみでもやっていたし、やらないと思っていたので。白馬の王子さまでした。マギの曲って印象が大きいですが、世界が輝くとか、確かに20周年にふさわしかったかもしれないです。1曲の中にドラマがあって泣きそうでした。

ネオメロは暑かった。熱かったです。熱かったって言えば、ゾンビの時の火柱熱かったです。物理的に。

ハネウマライダー

ようやく本編の終わりが見えてきましたね。長い!

2階からみたタオルはほんと壮観でした。ホーンセクションもノリノリでかっこよくて楽しかったです。

アリーナから見たタオルも豪快でした。ええ。ステージの人のテンションが凄まじくてついていくの大変でした。無限ハンドルを切ったんだよーとかね。

アゲハ蝶

最終日の方が声とか手拍子とか大きかったとTwitterで見かけましたが、場所が異なるのでわかりません。が、最終日のアゲハ蝶の手拍子、歌声は、すごかったです。

一番上の動画で、横浜アリーナで東京ドーム公演を発表した時、歓声が大きくて、お二人が肩をすくめて怯えていますが、まさにあれでした。

こればっかりは仕方ないのですが、アリーナは拍手のタイミングが早いんです。自分が叩き終わった後、音の反響と、後ろの皆さんの手拍子が、BIG EGGから迫ってくる感じ。びくってなりました。

初日、2階にいた時は、音が湧き上がってきて自分たちの音も混じる感じだったのですが、アリーナすごいなって。6万弱すごいなって。これは円盤じゃ体験できない、やっぱり生がいいです。ライブは。

本間さんが、アゲハ蝶か狼、どっちをシングルにしようか悩んでアゲハ蝶にしたのだけど、ライブで演奏したら狼の方が好評で、でもそのタイミングではアゲハ蝶に決まっていたので、失敗したかなぁと思ったと話されていましたが、狼になっていたらどうなったかはわからないもののアゲハ蝶で正しかったと信じたいです。

ただ、初日「ららら」歌いながら「手を振り」ながら「ウエーブ」するのは難易度が高かったです。最終日はなくなりましたねw ハルイチさんが、わざわざ止めて「ここでウェーブすんじゃなかった?」って。グダグダでした。

最終日は、マスケさんのドラムに合わせて手拍子したら、昭仁さんのタイミングが違って、あれ?私間違えた? って思ったら、昭仁さんが間違っていたらしくマスケさんに突っ込まれてました。ですよね!笑

VS

本編ラスト。最新シングルのVSです。皆川さんのキーボードで始まるVS。

MIXの主題歌だし、東京ドームだしで、見えないボールをいっぱい投げました。途中でお二人はセンターステージに移動して、四角いテープが巻き上がる中、明るくなった東京ドームで歌ってました。

そして、最後

「あのロッカー まだ戦ってっかな?」

1曲目のプッシュプレイの1コーラスで締められました。鳥肌ぁぁぁ!!!

<アンコール>

初日はめっちゃ早かったですね。ポルノコール。スピードが。私の周りだけだと思いますが。

オー!リバル

UNFADEDから(ですよね)の顔芸。ハルイチさんのギターで始まるわけですが、ここは顔が大事だと「ディーンフジオカが降りてきますように。福山さんが降りてきますように。」と、かっこいい顔作るのですが「まだ降りてきてない」「まだきてない」と茶々を入れる岡野さん。直前まで茶々入れてるのにすぐ歌えるの、UNFADEDから思ってたけどすごいなぁ。

ここで、サイにのって移動。移動中バズーカでサインボールを打つ昭仁さん。完全に歌詞を忘れて歌えなくなってましたw。

リバルも私の中では最近の曲に入るのです。CDが売れていた頃の曲ではない代表曲。

Century Lovers

多分ファンじゃなかったら、あのFuFuはしつこかったと思う。サイでステージに戻る時間ずっとやってるので、結構長かったです。

まぁ、ここははしゃぎまくればいいのです。

ライラ

最後、ジレンマやってるし、まさかライラじゃないよなーと思ったらライラで。2日目は、ジレンマやってないし、ナオトさんいるから、ラストジレンマかなと思ったらライラだし。ライラ嫌いじゃないんだけど、好きなんだけど、物足りなさで終わってしまうのです。回数重ねればいいのかな?

ビールフェスとかで民族衣装の人たちが踊ってる後ろに繋がって踊りながら歩くあれとかが合うと思うんです。狭い席じゃ思っ切り動けないからフラストレーションたまるんだと思うんです。

ホーンやストリングスがいらしたので楽しかったですけどね。とくに最終日は楽しかったです。踊りまくれましたし。

次のライブまで、歩き疲れて帰りたくなるくらい日常を頑張らないといけないですね。

音について

東京ドームが音が悪いのはわかり切っていることです。過去、ゆず、YUKI、ポルノ、安室奈美恵さんなどの東京ドームライブに行ってます。

今回も、ハルイチさんはラジオで「音が良くないとかあるけど、お祭りだと思ってぜひ遊びにきて」と言ってたので、おそらくどうしようもないんです。

どうしようもない中で、今回のライブはすごかったと思います。

https://twitter.com/akimitsuhomma/status/1171308564507324416

本間さんもおっしゃってましたが、いろんな工夫で成り立ってるんだと思います。わかりやすいのは、映像は、2階席の人に合わせて作ってあったこと。

岡野さんが手を振ったり拍子をする映像は、本人とずれていて、2階席に音が届くタイミングに合わせてありました。映像と前の人たちの動きは明らかにずれていたし、逆に最終日は自分の動きと映像があってなかったです。

後ろの席でも疎外感感じないようにしてるんですよね。これは他の人のライブでも感じたことありますが、音に関しては本当に不思議なほど整っていました。

もちろん、小さなホールやライブハウスと比較なんてできませんよ。東京ドームにしては、ってことです。

まぁ、こういう席もあるでしょうが(笑)。すくなくとも、周りまくる音に気持ち悪くなることはなかったし、特に弾き語りが綺麗に聴けて嬉しかったです。スタッフの皆様、お疲れ様でした!!

席に恵まれたってのもあるでしょうか。でも、最終日はゆず弾き語りと変わらない席だったので、やっぱりすごいです。ポルノスタッフさん。

神神セトリ予想ビンゴ

もともと、ゆずのファンの皆さんがやってたのを羨ましく思い、ツイッターで投げたら結構たくさんの人がチャレンジしてくれて楽しかったです。

私の結果はこちら。

今宵、月が見えずとも〜〜〜!!!!!

やってくれると思ってました。いま、ドームでやってもかっこよかったと思うんです!!リーチ悔しい!

私もまだまだポルノのこと、わかってないですね。べアーズじゃなくプッシュプレイだろ!そらそうだろ!!

ついでに、サンプルとして作った25ますのビンゴはこちら。

3ビンゴ✨上の方の真面目に入れてた方はだいたい埋まりました。後半はことごとく裏をいきましたね。

LiAR、プリセイ、カメレオン、ギフト、ジョバイロはやってもよかったんじゃと思う曲を見事に組み込んでいる。

他の人のビンゴ見ながらほのかに目をつけていた「EXIT」。ドラマの主題歌なのに入れる人がいない。いい曲なのに。81マスの方に入れたけど、なかったですね。

こんな企画も楽しかったです。

競馬に行ったよ

東京ドームには、競馬の馬券を買えるところがあって、存在は知ってたのですが近寄ることはありませんでした。

以前、競馬場に遊びに行ったこともあり、少しは近く感じられたので、足を運びました。ライブ最終日の8日は、大安吉日その他諸々が重なるすごい良い日だったらしいです。

予想中の恋するうさぎちゃん from 喫茶ポルノ

お金に恋したうさぎちゃん。でも、惨敗でしたw。

そんな東京ドーム2DAYS。あらためて、ポルノグラフィティ20周年おめでとうございました!

これからも、休んだりしながら、続けたいと思うことがある限り続けてください。こちらも飽きるまで応援します。

この記事は参考になりましたか?
よければシェアしてくださいな

0
2019 年 9 月 24 日コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK